身長を伸ばす方法

今からでも遅くない!?身長を伸ばす方法

日本人の成人における平均身長は、男性170cm女性158cmといわれています。

身長の低さがコンプレックスになってる男女の数は驚くほど多く、特に男性においては身長が伸びる事は切実な願いともなっているようです。

女性からしてみれば、身長が低い事はそう強いコンプレックスになるほどではないものの、ファッションに強い興味・関心がある人ほど「もっと背が高ければな…」なんて思う傾向があるようです。
逆に身長が男性よりも高くて悩む人の方が多いかもしれません。

身長というのは、成長期においてぐんぐん伸びていきます。
どれくらい伸びるのかは、家族などをみれば一目瞭然…といったところで、大体両親と同じような背になる傾向にあります。

ですから、誰もが「両親がこれくらいだから、自分もこれくらいだろう」なんて自然と予測をしてしまっている部分もありますね。

しかし、なかには両親とは似ても似つかわないほど伸びたりする人もいます。
このことからも、一概に遺伝だけで身長が決まるとは限らないともいわれています。

研究からも、遺伝による身長への影響は、およそ2~3割程度ということが判明しているようです。
つまり、残り7割近くは努力で伸ばせる可能性があるということなのです。

その努力とは、睡眠栄養運動、そして愛情といった生活環境のことをいいます。

このように、実は後天的要素でも左右される身長。
「両親の背は低いから自分も…」なんてあきらめるのには早いのです。

では、具体的にはどういったことをすればいいのか?

身長を伸ばすのに有効であると考えられている具体例としては、以下のことが注目されています。
身長に悩む人は、できる事から取り入れていくとその変化を実感できるかもしれませんね。

身長アップのサプリメント

最近では、身長アップに欠かせないとされる栄養素を集めたサプリメントが販売されています。
研究に基づいた仕様で、30代といった年齢でも身長を伸ばす事ができるといわれています。忙しい人にも手軽にできると人気のアイテムです。

生活習慣

特に大事なのが睡眠です。
身長を伸ばす為に必要な成長ホルモンは、夜中の睡眠時間に分泌されます。
睡眠不足でいると、この成長ホルモンがうまく分泌されない状態となり、身長も思うように伸びなくなります。
睡眠時間をしっかりととることは、身長を伸ばす上で欠かせないものなのです。

運動(ストレッチなど)

現代人は、学業でも仕事でも椅子に長時間座っている時間が長くなっています。
また、ゲームが発達していることからも、小さな子どもまでもが座りっぱなしの生活となっていることが少なくありません。
運動は適度に骨を刺激、負荷を与えて骨端腺の働きを大きくします。
適度な運動が身長を伸ばすのに大事な要素となるのです。

食事

現代は豊かな食生活が送れるようになってはいるものの、ファーストフードやインスタント食品などで栄養バランスがガタガタになってしまっている人が少なくありません。
骨の成長に必要な栄養素といえばカルシウムですが、その成長に最も大事なのがタンパク質
他にもさまざまな栄養素が関りあって身長を伸ばしているのですから、日頃の食事もバランスのよいものとしなくてはいけないのです。

整体

テレビなどでも紹介されたことがある、身長を伸ばす整体
人の体というのは、整体・ストレッチ等で矯正し、身長を施術前よりも伸ばす事が可能となっています。
個人差はあるものの、その効果には注目されています。

病院で手術

最近は専門性も高い治療が受診できる科が増えてきましたが、身長に関しても例外ではなく、低身長治療専門外来といった専門外来でケースに応じた治療をおこなっています。
特に子どもの成長期における治療は効果的なものとなっており、さまざまな治療症例からも実証されています。

トップへ戻る