病院で身長を伸ばす

未成年には成長ホルモン剤、成人には手術が効果的

身長の悩みがもはや自分の手には負えない。そうなったときに頼りたいのが、医療機関の受診です。最近では専門の外来もできており、特に10代の成長期における子ども達が中心となって受診しているそうです。

低い身長のままでなかなか伸びない…その原因を調べるには、身長や体重測定、血液検査、尿検査などから。
成長ホルモンが不足していることも考えられるので、手の骨のX検査などもおこないます。
問診も原因を探すのに大事な項目となっており、場合によっては母子手帳もチェックすることもあります。

そこでおこなわれる治療としてはどんなものがあるのかというと、整体手術といった方法で身長の改善に努めています。
もちろん、生活指導もおこなわれることとなります。

①薬

病院で医師がその使用を許可することでつかえる成長ホルモン剤

成長ホルモンが骨の先が伸びていく部位…つまりは骨端腺に対して有効に働きかかけることで身長を伸ばしていきます。
経口で摂取するのではなく皮下注射で摂取するのが一般的となっているようですが、スプレー式の成長ホルモン剤などもあります。

ただ、効果の程としては前者の注射のほうがより高く期待できるようです。
とはいえ、この成長ホルモン剤による身長への効果は、成人には期待することができないものとなっています。
それというのも、骨端腺は成人になると閉じてしまい、投与しても効かなくなってしまうからです。

②整体

経験豊富な治療院を選ぶと安心です。
歪んだ骨格を矯正して筋肉のバランスを整えることで、不良化していた姿勢を正しい形に直します。
そうすることで、身長が驚くほど伸びていくのです。

③手術

脚を長くしたり身長を高くするための脚延長治療や、成長期や成人前の方を対象とした治療などをおこなっている医療機関もあります。
特にその専門性に優れている医療機関としては、西新宿整形外科クリニックが挙げられます。

成人脚延長外来や小児科低身長外来だけでなく、O脚・X脚の矯正治療や、逆に高すぎる身長に悩む方を対象とした治療などもおこなっています。
成人脚延長外来では、デバスチアーニ法やイリザロフ法、ISKD法など…体内にあ埋め込む外科的手術で身長を延ばしていく方法だけでなく、

超音波やテリパラチド(ヒト副甲状腺ホルモン)を用いた骨形成促進治療など、多数の方法で身長を延ばしていきます。
整形外科の専門的な知識から、医学的に改善していくのが効果も目に見えてわかります。

トップへ戻る